太秦にサンガの選手がやってくる!

う~、きょ~!

僕たちは右京区のシンボルマーク、うーちゃん、きょうちゃんです♪ 先日右京区役所1階のMACHIKOに行ったらこんなポスターが掲示されていました。

サンガの選手がやってくる!! 試合以外で選手に会う機会は貴重。しかも顔が隠されてる……誰がくるのだろうか……気になる…。

ということで、やってきました!「太秦あそべるつながる二土の市」。楽しみにしすぎて早く着いてしまったので、選手が登場するまでまだまだ時間があります。まずは、どんなところか会場を見てみましょう。

緑の多い広場で、様々な人・グループが出店しているようですね。物販や飲食だけでなく、子ども向けの遊ぶコーナーもありました。来場者も、年配のかたから中高生、親子連れ赤ちゃんまで幅広い世代が想い想いのお店やコーナーで楽しんでいます。

将棋やけん玉、コマ回しなど懐かしい体験ができますね。ステージではコンサートやダンスも行われていました。少し暑いくらいの快晴で、会場に点在する木陰やベンチがありがたいです。

会場内をいろいろ見ていると、そろそろサンガの選手の出てくる時間とのアナウンス。慌ててステージの方に向かいました。

司会の人の合図に合わせて、会場のみんなで「サンガのせんしゅ〜!」と呼びかけるとステージの奥から誰も出て来ません。「あれ?」と思った時、客席の後方から歓声が。振り返ると奥から誰かがドリブルでやってきました!!!!

あの選手は誰だ!?

現れたのは京都サンガFCのスピードスター、田村亮介選手でした!

ステージでは、大勢が見守る中リフティングを披露してくれて、こども達からも歓声があがり会場が湧いています。サッカー選手が来ているのに、ただ見ているだけではもったいないなぁと思っていたら、次はステージを離れて「田村選手と対戦」のコーナーだそうです。「対戦?」

対戦、ということはサッカーか? と思ったら、会場の昔遊びコーナーでのコマ回しや輪投げ、けん玉などの対戦でした。田村選手は、コマ回しも上手でしたよ。次々とチャレンジしてうーちゃんきょーちゃんの方は目が回りそう。

せっかくだからということでこども達とサッカーボールのパス交換もして、最後に7月7日のサッカーJリーグの試合の「右京区民デー」をみんなで紹介しました。区民デーの詳細は「市民しんぶん右京区版6月15日号」をご覧ください。

その後のサイン会では、式紙だけでなく「え?それにサイン?!」というような色々な物にサインをしていましたよ。その様子は右京じかんの最新号に掲載されているので、ぜひごらんください。

レポートの最後に、田村選手から右京区のみなさんへのメッセージをいただきました!

京都サンガFC 田村選手
田村選手
7月7日(土)は、右京区民デー!
僕たちもピッチの上で、がんばるので、皆さん、是非、西京極スタジアムで応援よろしくお願いします!

田村選手、ありがとうございましたー。

こんなに盛りだくさんの内容で選手と接することができたのも、MACHIKOのポスターでイベントを知ったからでした。みなさんも右京区役所に来ることがあれば、ぜひ1階のMACHIKOに足を運んでポスターやチラシをご覧くださーい。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

うーちゃんきょーちゃん

平成24年1月生まれの双子。
好物は水尾のゆず・京北の納豆もち・宕陰の棚田米。
趣味はスポーツ観戦!フローラ,ハンナリーズ・サンガが大好き。

《~右京ちゃんについて~》
寄り添う顔には,区民の皆様の笑顔,団結,産業と暮らしの関わり合いが親しみやすいデザインで表現されています。
また,緑色で豊かな自然,紫色で歴史・伝統産業が表現されています☆