高雄のもみじちゃん祭りに行ってきたよ!

う~きょ~~!!

 

今回レポートするのは,神護寺で行われた「もみじちゃん祭り」だよ。

高雄を盛り上げるために昨年始まったこの祭り,今年は一段とパワーアップしたよ。

まずは,金堂前での和太鼓。

高雄中学校和太鼓部の打ち鳴らす力強い響きが,秋山にこだましたよ。

ちなみに,写真の右端が「もみじちゃん」だけど,太鼓は叩いていないよ。

 

続いて,会場を金堂内に移し,フルートとチェロのアンサンブル。

堀川高校,京都市立芸大出身で,現在は,京都と横浜で活動するフルート奏者の中里美沙さんと,昭和音大・桐朋学園出身で,やはり京都と横浜で活動するチェロ奏者の松本愛子さんのデュオ。

金堂の如来像に見守られる中での秋色の調べ。音楽ホールのような響きに,お客さんもうっとりとしていたよ。

 

さらに,平岡八幡宮の剣鉾差し。

これは,祭礼行事で神輿巡幸の先陣を切って進み,悪霊を鎮めるといわれるもので,今回は特別に披露されたんだ。

40kgもある剣鉾を差し,バランスを取りながら歩む力強さと,ちりんちりんという響きが澄んだ秋空に抜けていく風情が,独特の空間を醸していたよ。

 

今回,見られなかった方は,なんと,11月9日の「右京区民ふれあいフェスティバル」にもやってくるので,ぜひ見に来てね。

(午前10時の開会セレモニー後の実演予定)

この他にも,佛教大学のよさこい演舞で大いに盛り上がったり,かわらけ投げ大会もあったりと,盛沢山の一日だったよ。

 

もみじには,まだちょっと早かったけど,高雄の秋はこれからが本番。

また,平岡八幡宮では,「花の天井 秋の特別拝観」を12月1日まで開催中なので,ぜひ,高雄方面に足を延ばしてみてね!

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

うーちゃんきょーちゃん

平成24年1月生まれの双子。
好物は水尾のゆず・京北の納豆もち・宕陰の棚田米。
趣味はスポーツ観戦!フローラ,ハンナリーズ・サンガが大好き。

《~右京ちゃんについて~》
寄り添う顔には,区民の皆様の笑顔,団結,産業と暮らしの関わり合いが親しみやすいデザインで表現されています。
また,緑色で豊かな自然,紫色で歴史・伝統産業が表現されています☆