【ミライインタビュー】~第3回 吉田学志さん,まりさん~

「農家の給料は時給に換算すると500円」

あるベテラン農家の言葉だ。

この言葉だけをもって「農業は儲からない」とは言えないものの,決して楽な仕事ではないことがよく分かる。

 

そんな農業の世界に足を踏み入れた吉田学志さん・まりさんご夫婦。

場所は右京区京北黒田。

なぜ,黒田なのか。

人が移動する理由

「京北に関する知識は,名前を知っていたぐらいでした。農業がしたくてここへ移住したのは,研修を受け入れてくれた師匠と出会えたから。」

その理由は単純だった。だが,単純なだけに奥が深い。

人類が移動する原理には様々な例がある。

ホモ・サピエンスがアフリカを出たのは獲物や食物を求めたから。ゲルマン民族が大移動したのは侵略者から逃れるため。そして,現代人が「縁」に導かれるのもそのひとつということだ。

「ここが好きだから移住してきた」という人だけでなく,「縁があったから移住してきた」人もいるという事実は,過疎地への移住促進にもヒントを与えてくれる。

黒田の心意気

黒田の人々について聞いてみた。

「去年の台風で停電したときも,『蝋燭の生活もええもんやろ』って笑っていたぐらい。」

「何かあったら『自分たちで動く』っていう意識が強いんです。倒木を『誰かが何とかし

てくれるのを待っとられへん』って自分たちでどかしたり。」

「そういう意識,受け継いでいきたいです。」

困難な状況で発揮される人々の強さ。そこに暮らしてみなければ分からないことだ。

京北で生きるということ

吉田さんの畑に連れてきてもらった。

「この野菜を,京北はもちろん右京区のみんなが食べてくれたら。近くで作っている野菜が一番新鮮で一番おいしいはず。」

「京北に魅力的なお仕事がもっとあれば,住んで,働いて,食べて,京北だけで生きていけるかも。」

長靴姿のおふたりは,そう夢を語る。

 

さて,黒田の心意気を受け継ぐために避けて通れないのは,少子高齢化のこと。

「子どもが大きくなったときや,自分たちが高齢者になったとき,黒田はどうなっているんだろう。」

そう心配する一方で,吉田さんは静かに言う。

「自分たちを受け入れてくれた師匠のように,将来は農業を志す人を受け入れたい。京北で一緒に生活できる人が増えてくれたら嬉しいな。」

吉田さんも,いつか誰かにとっての大切な「縁」になることだろう。

=終わり=

  • ブックマーク

この記事を書いた人

うーちゃんきょーちゃん

平成24年1月生まれの双子。
好物は水尾のゆず・京北の納豆もち・宕陰の棚田米。
趣味はスポーツ観戦!フローラ,ハンナリーズ・サンガが大好き。

《~右京ちゃんについて~》
寄り添う顔には,区民の皆様の笑顔,団結,産業と暮らしの関わり合いが親しみやすいデザインで表現されています。
また,緑色で豊かな自然,紫色で歴史・伝統産業が表現されています☆