ふりむくステージ

令和3年1月24日,日曜日。

ついにこの日を迎えてしまいました。
何の日かといいますと,右京かがやきミライ会議が本日をもってひと区切りということ。

ということで,これまでのミライ会議で学んだこと,気付いたことを振り返ってみました。

・未来を実現するために大事なのは,行動すること。
口に出すだけでもいい。
・「ありがとう」を積極的に伝えること。言わなければ伝わらないこともある。
・新しいアイデアはひとりではできないが,つながりができたら実現する。オンラインだからつながれた人もいた。
・何かを一緒にやろうとするとき,「ゆるさ」「気軽さ」を共有することが大切。
・コロナ禍の最中でもできることがある。オンラインでも新しいチャレンジができる。
・将来のことを誰かに話したいのに相手がみつからないことがある。ミライ会議のような場があることが大切。

 

前向きでやる気に満ちたご意見が多いですね。
うーん。嬉しい。嬉しいです。

続いて,改めて「やってみたいこと」をお聞きしました。

・積極的に行動する。農家さんのお手伝いをする。活動している人のサポートをする。ミライ会議で新しい出会いをつくる。
・活動に新しい人たちに参加してもらうために,SNSなどの使い方を学ぶ。
・10年後,20年後,30年後の未来予想新聞をつくる。
・自分の長所を文章で書く。
・北嵯峨をきれいにする。そのために地元の農家さんのお話を聴く。
・ウェブ上で,新しいチャレンジをする人を応援する仕組みをつくる。
・まちづくりの知識と知恵を集約したプラットフォームをつくる。
・学校教育の常識に疑問を持ち,非常識に踏み込む。
・つながりからつながりをつくる。私とあなた,私とあなたの知り合い…
・人との縁を大切にし,興味があれば何でもとりあえずやってみる。
・子どもが学校教育以外で経験を積むことは宝になるので,そのような機会をつくる。
・高齢者向け住宅や相続など,自分の知識を活かせる場を探す。
・コロナ禍の陰に隠れて深刻なのが特殊詐欺。安心安全な右京のため,相談相手をみつけられるようにする。
・「右京流 人生会議」をする。若い人も一緒に,未来に対する不安を取り除くために何ができるか,話し合う。
・料理が得意な人も苦手な人も近所の子どもも,一緒に料理をして食べられるシェアキッチンをやってみる。
・学区ごとにミライ会議のミニ版のような,第3の居場所をつくる。

たくさんの,大切な言葉をいただきました。

 

こうやって,参加者のみなさんに確固たる「はじめの一歩」をつかんでいただくという,ミライ会議所期の目的は達成されたようです。
といっても,ミライ会議は事務局だけでつくったものではなく,参加者のみなさんの熱意で形を変えてきたように思います。
みなさんの「はじめの一歩」がハッピーなものになることをお祈りしています♪
いつでもご相談くださいね。

…さて,これにて「ひと区切り」と申した舌の根も乾かぬうちですが,
次回ミライ会議は2月21日!!!

参加者さんの口から飛び出した「右京流 人生会議」,やってみます!

乞うご期待!

 

 

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

うーちゃんきょーちゃん

平成24年1月生まれの双子。
好物は水尾のゆず・京北の納豆もち・宕陰の棚田米。
趣味はスポーツ観戦!フローラ,ハンナリーズ・サンガが大好き。

《~右京ちゃんについて~》
寄り添う顔には,区民の皆様の笑顔,団結,産業と暮らしの関わり合いが親しみやすいデザインで表現されています。
また,緑色で豊かな自然,紫色で歴史・伝統産業が表現されています☆