~右京の古典・文化にどっぷり浸る~ 「坂井昇 日本画展 『綾めく百人一首』 その心象と幻」開催中

う~きょ~

11月1日は古典の日,11月3日は文化の日,10月27日~11月9日は読書週間,そして,今年は右京区制90周年。

となると,「右京にちなんだ」「文化にふれたい」季節だよね。

 

そこで,おすすめは,サンサ右京(右京区役所)の1階ロビーで開催中の

「坂井昇 日本画展 『綾めく百人一首』 その心象と幻」

 

藤原定家が選んだ「小倉百人一首」。これは,別荘・小倉山荘の装飾のため,百首を色紙にしたためたもので,「小倉山荘色紙和歌」などと呼ばれていたんだ。

今回,坂井昇画伯は,「和歌」「作者像」「和歌の心象風景」の3点組,計300枚の色紙を創作。現代のサンサ右京に,小倉山荘の一部がリニューアルされたかのような空間が現れているよ。

 

色紙の空間で定家気分を味わうもよし。

画伯の自在のタッチに酔いしれるもよし。

作者の心象に思いをはせるもよし。

好みの一首を探すもよし。

「彩りある古典と出会う」などの図書展示開催中の右京図書館とはしごするもよし。

それぞれのお好みで,楽しめる展覧会だよ。

 

同展は,11月8日(月曜日)まで開催中。太秦天神川方面に御用の際は,ぜひ,お立ち寄りを。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

うーちゃんきょーちゃん

平成24年1月生まれの双子。
好物は水尾のゆず・京北の納豆もち・宕陰の棚田米。
趣味はスポーツ観戦!フローラ,ハンナリーズ・サンガが大好き。

《~右京ちゃんについて~》
寄り添う顔には,区民の皆様の笑顔,団結,産業と暮らしの関わり合いが親しみやすいデザインで表現されています。
また,緑色で豊かな自然,紫色で歴史・伝統産業が表現されています☆